寒い時季やエアコンのかかった部屋に長いこといると

もともとわたくしは冷えやすい体質で、寒い時季やエアコンのかかった部屋に長いこといると、肌が荒れてしまったり足が浮腫んだりして大変でした。最初に注意したことは、ソックスをはくこと。足先から冷えてくるので、うちの中ではつねに靴下を履くようにしています。風呂から出て早いうちに靴下を履く癖をつけたら、つま先の冷えはかなり良くなりました。仕事の時は常に靴下を履くことはできないのですが、スラックスのときにはいつもくるぶしまである靴下を履くことにしています。スカートのときは基本的にストッキングなので、ブランケットをかけて脚が冷えないように気をつけています。また、生姜は冷えを改善する効果も期待できるので、料理や薬味でよく使うようにしています。しょうが湯だったら容易く作れますし、身体がすぐにぽかぽかしてくるのでお試しください。緑茶もけっこう好きなのですが体を冷やすらしいので、2日に1杯飲む程度です。それから毎日湯船に入ることも重要です。シャワーだけの日が数日でもあると、あたしは足がむくんだり肩凝りになったりして体がだるいです・・・。夏の暑い時期こそエアコンで身体が冷え切ってしまっているので、温度を低くして必ずつかるようにしています。これらの努力のお陰で万年冷え性だったのが、少しずつ良くなってきたような感じがします。冷えは美容には絶対よくないようなので、これからも意識して温めていきたいと思います。肌に良いものをと思いながら食事をしていても、思い通りにバランス良く栄養を摂り入れられなかったりするものです。わたしもなるべく外食などを控えて夕食作りはするようにしていますが、仕事で疲れて帰ってくるとお料理する気力がない時も多いです。そんなワケで、不十分な栄養成分はサプリで補うようにしています。わたしが摂取しているサプリメントは「マルチビタミン」とミネラルサプリの二種類です。どちらも、30日分で900円台の栄養補給剤ですので、日々摂っていてもコストがかからないのもメリットです。ビタミンのマルチサプリと「ミネラル」のサプリを摂るようになってから、少々の疲れがあっても翌朝のメイク乗りがよくなりました。ほっぺたにあった小さい色素沈着も薄くなってきてキレイになってきました。目の下のくすみもなくなり健康的になりました。栄養補助サプリはゴハンのあとに摂取するだけの簡単ケアなので、「近ごろお肌の具合が悪いかも」と思っている人にすごくお勧めです。最も気をつけているのは、お肌の潤い不足に関してです。肌が乾燥すると、荒れて粉っぽくなってくるし、皺が増えてしまいます。なかでも、わたしは「法令線」がはっきりしてきました。肌のお手入れはテキトーだったので、いつの間にかくっきりシワになっていました。それを意識してからは、オイル状の美容液でフェイスマッサージを行ったり、パックしたりとスキンケアに余念がなくなりました。ドライスキン対策にあたしが活用しているアイテムは、美容オイル。大抵は三滴から四滴ほどでケアするだけだけど、顔マッサージでは五百円玉くらいの量を出したっぷり使っています。それから、時間を掛けて美顔マッサージを施して、保湿成分を肌の中に行き渡らせます。マッサージ後は余分な油分があるので、ホットタオルかティッシュで取り除きますが、この美容マッサージを始めてから、肌の乾燥が少なくなりました。「ほうれい線」も悪目立ちしなくなってきたようです。肌自体がふっくらとしてきて、張りが感じられます。入浴後にやると、効果抜群です。