寒い時も暖房が効いている場所ではにおいと汗染みが気がかり

わたし自身の体質なのか幼少期からたくさん汗をかくため暑い時期に限らず、寒い時も暖房が効いている場所ではにおいと汗染みが気がかりです。夏の時期に白いTシャツを着るときは下にノースリーブを着ないとダメですし、日に数回着替える事もあるのです。汗をかいたまま空調の効いた部屋に入った場合服が湿っているので、体が冷めるので熱を出す事もまれにあるのです。他にも汗をかいたために化粧は崩れてしまうし、化粧下地までも落ちてしまうため肌コンディションも夏場はあまりよくありません。しかも汗というものは乾燥すれば染みになってしまったり、他にもにおったり状況によっては汗の結晶がふいてしまっていることもあるので日中に長時間出かける際には着替えを持ち歩くと荷物になるし、着替えができる所を探し出すのも容易ではないのです。デオドラントスプレーやクリームなども試してみたのですけど、そこまでの効き目は感じられませんし、でも手術をするのは費用が掛かるし厄介ですよね。また加齢の為か臭いがより気がかりになってきたのでミドル脂臭に効き目がある石鹸を試してみてるのですが効果はどんなもんなんだろう?なんて思っています。
季節は秋が終わり寒い冬の季節です。汗で悩む事なんて、暑い時期に限られている事だと思いがちですが、冬でも時と場合により発汗することがあるのです。わたしの悩みの種の冬にかく汗は、通勤で乗る満員電車でかく汗です。朝、自宅を出て10分ほど歩いて、カラダがぽかぽかとしてきた頃電車に乗ると、大変汗が出てくるのです。外では適温だった装いも、鮨詰めにされ暖房も効いている車両の中は、かなり暑いんです。満杯ですから上着を脱ぐようなスペースがある訳もなく、顔に汗をかくことも普通にあります。やっとのことで会社の最寄り駅に着き、電車を降りると汗が冷えてしまうのです。震えながらオフィスに向かうのです。汗をかくせいで、冬の季節は体温の調整が難しいです。電車に乗車する前にサッと上着を脱ぐようにしたらいいかもしれませんが、電車の中は風邪のウィルスなどもらってきてしまいそうで、できるのであれば上着は羽織っていたいです。そもそも汗をかかなかったら済む事でしょうけど、そうはいきません。地下鉄、電車での温度調整がもっと良くなると心配しなくて済むんですけどね。
自分は汗をたくさんかくので夏が終わって秋になったらホッと一安心。ですがホッとするのも秋限定で、冬の季節になっても再度汗で悩まされます。カフェやショッピングモールなどの店舗に入ると、汗をかいてしまうのです。外で冷やされたからだが暖房であたたかい屋内に入ることで汗をかき、これが案外ひかない!メイク崩れは当然クツの中が蒸れてる感ありありだし、皆平然とした顔でショッピングしているのに私の場合はミニタオルで汗を拭きながらで恥ずかしい想いをしています。「汗よ、治まれ!」と思っても止まらず焦ると更に汗をかく悪循環にもう近頃は半ばあきらめモードです。どうにかできるなら顔から汗が出ないようになりたいのですが、そんな性質なのでしょうがないのかななんて思っています。しかし体質なのだと考えていたのですが、前以上に発汗量が増えたと思うのです。以前は汗をかいたとしてもそれほど時間をかけずに汗が引いていたと思います。「寒くても厚着するのは避ける、汗臭がしないようにきれいにする、汗の臭いを懸念して香りでごまかさない」これに関してはわたくしが普段から行っていることです。もうすぐ冬という寒い時期になりますが汗と格闘しないといけませんね。