本人以外の家族が持っている財産はそのままで大丈夫

債務整理によって、本人以外の家族に影響が及ぶことはあるのでしょうか?実際のところ、家族が負担を負う点については、心配いりません。本人以外の家族が持っている財産はそのままで大丈夫ですし、ローンが組めなくなったりするなどという心配はありません。ただ、もし保証人が家族の名義になっている場合は、全く事情が異なります。債務整理をすると、保証人である家族が返済義務を負うことになるので、注意してください。債務整理は、借金地獄から抜け出すチャンスになるでしょう。しかし、手続きをしてからすぐに認められるわけではなく、数ヶ月の期間が必要です。中には、この期間中にも資金が足りなくなり、再び借金をしたいと考える人もいるでしょう。ですが、また新たに借金をするようなことはしないでください。新たな借金の事実が伝わってしまうと、裁判での風向きが変わり、免責が許可されなくなることもあるため、絶対にやめましょう。ご存知のように、債務整理をするとブラックリストに名前が載りますが、任意整理ならば住宅ローンの審査に受かるかもしれません。任意整理では、自分のできる範囲で返済を続けていきますし、裁判所も通さないので官報に公告されることもありません。もし、借金の返済時に過払い金が出ていた場合、戻ってきた過払い金で借金分が完済できるかもしれません。もし、これに該当する人は、ブラックリスト登録者として対応されることは無いでしょう。多重債務を抱えて、債務整理をするしかないという人の中には、うつ病などの精神疾患で膨大な債務を抱えてしまうという人も少なくありません。たとえば、職に就けないまま借金し、滞納を繰り返したり、不足した生活費を借金で遣り繰りしていたところ債務が膨らんでいたとは、言い辛いものです。ですが、そのせいで一人で思い悩んでしまうケースが多いのです。こうした問題のために元々あったうつ病がもっと悪化してしまうといったこともあります。実際に債務整理をしたら、いったいどのくらいの時間を費やさなければならないのでしょうか。債務整理には任意整理や特定調停などの種類があり、どのやり方を行うかによって時間も変わります。ですが、どのような方法を取った場合でも、3か月はかかるものだと思います。もちろん、借り入れ先の数が増えるほど必要な時間も増えてしまいますから、人によっては1年弱、またはそれ以上の時間が必要になることもあります。どれくらい借金が増えれば債務整理をするかという点ですが、人それぞれだと言わざるを得ません。借金の総額が数十万円といった場合は、他の業者などで融資を受け、返済資金に充てることもできると思います。とはいえ、多重債務者であることに変わりはありませんから、融資を受けるのも難しくなるのは確実です。返済が滞りそうだと思ったら、新たに借入をする前に弁護士などに話し、このまま返済するのか債務整理するのかを決めるようにしましょう。債務整理で借金を整理したとしても、その影響を家族も受けるということはありません。家族に債務整理の経験者がいる場合も、ブラックとして扱われるのは本人だけです。ですから、家族はそのまま借入やクレジットカードの利用を続けることも問題ありません。ただし、万が一、保証人が家族の場合は、本人の借金が、保証人である家族に降りかかってしまいますから、安易な債務整理はおススメできません。債務整理の中でも、任意整理や個人再生を行う場合、借金をしている業者や金融機関の同意を得なければなりません。まず、任意整理では、各債権者ごとの債務が対象なので、ひとつひとつの債務について和解交渉をすることになります。ですが、強制力はありませんから、交渉を拒否する債権者が出る場合もあります。個人再生では、すべての債権者を対象にしますが、半数以上の債権者の同意を得なければなりません。車を所有したまま債務整理をしたいのなら、カーローンの会社を債務整理の対象に入れずに、車を持ち続けることができる任意整理などの方法で債務整理を行いましょう。ただ、実際に債務整理をした結果、車を残せるかどうかは、債務者が日常生活を送る上で、車の有無がどれだけ影響を与えるかで違います。車の所有が趣味の範囲に収まるというケースでは、所有を認められない可能性も高いので、専門家に状況を説明し、なぜ車を手放せないのかという点について説得するのも良いでしょう。増えすぎた借金は、債務整理をすれば、払える程度の債務にまで減額してもらうことができるでしょう。ただし、金融事故として信用情報機関にこの情報が載ってしまいます。どういうことかと言うと、いわゆる「ブラックリスト」に載っている状態ですから、借入やクレジットカードの際の審査にパスできなくなってしまうでしょう。債務整理後のおよそ5年間はこうしたサービスが受けられなくなるので、覚えておきましょう。